ケネス・ヘーゲン・シリーズ 霊的成長シリーズの本(pdf) 



イエス様の尊い血
↑クリックすると拡大されます。

NEW
イエス様の尊い
■著者 ケネス・E・ヘーゲン
■本体 1250円
(B6版 ミニブック)

 著者ケネス・E・ヘーゲン師はこう述べています。
 「救われる前は二十年近く心霊術者の教会の牧師であった、という人の話を私は聞いたことがあります。…
 『私たちは、みなさんがキリスト教会で歌う歌と同じ歌を歌いました』と、その人は言いました。
 『ただし、私にとって困ったことが一つありました。
 私たちは、イエス様の血や、イエス様の御名について歌うことはできましたが、私たちが『その血には力がある』と歌い始めると、あの悪霊どもがいらだち始めたのです』」

 イエス様の血がなぜ尊いのか? どれほど偉大なのか? …
 イエス様の血について聖書のみことばから理解することができます。
信じた人の権威イエス様の御名とともに、の良書です!



著者について

ケネス・E・ヘーゲン:
ケネス・E・ヘーゲン

 ケネス・E・ヘーゲンは、15歳の時に不治の病気で寝たきりの状態となりましたが、1934年に奇跡的にいやされました
 イエス・キリストが幾度も彼に現れてくださり、彼は自分が受けた啓示や真理を人々に教え、また実践し、預言者・教師として約70年間奉仕に携わりました。
 彼の設立したレーマ聖書学校のほか、息子のケネス・ヘーゲン・ジュニアが牧会するレーマ・バイブル教会(8000人以上の会衆が集う)、孫のクレイグ・ヘーゲンのミニストリーなど、現在もインパクトある働きが展開されています。
 ケネス・ヘーゲン・ミニストリーのレーマ聖書学校(全世界で約42000人を輩出)は、近年開校のエジプトでの学校を含めて、世界で80校に達します。ナイジェリアでは、すべての牧師たちのうちの約90パーセントがケネス・ヘーゲンの本を読んでおり、ヘーゲン師の奉仕がきっかけとなってミニストリーを始めた牧師が、現在、ナイジェリアで会衆5万人収容の教会を牧会していると報告されています。

ケネス・E・ヘーゲン師の救いといやしの詳細は→「私は幻を信じます」を参照ください。
ケネス・E・ヘーゲン師の家庭生活については、妻オレッサ・ヘーゲン師の著書
犠牲にまさる神の恵み」を参照ください。
ケネス・ヘーゲン・ミニストリーズ、レーマ聖書学校、レーマ聖書教会については、こちらをクリックしてください。
ケネス・ヘーゲンのミニストリー                     


目 次

第一章 清める血
    あがないの力/清める力
    他のクリスチャンたちとの交流を禁じる人々
    会衆に他の集会への出席を禁止した牧師
    自分の王国のための努力なのか、神の御国のための努力なのか?
第二章 その血によって神のもとに来なさい
    平和をもたらす力/和解させる力/大胆さを与える力
    神のいやしを受けることができた男性
    いやしを受けられなかった女性
    自分は立派なクリスチャンであるという自慢
    イエス様の血によって洗われた者!
    私が大胆さを持っている理由/勝利させる力
第三章 血を唱えること
    悪霊どもをいらだたせる歌
    サソリに噛まれた女性宣教師
    賛美を鼓舞する力/[祈り]





利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter