悪霊と呪いからの解放の本   いやしと解放シリーズ  




↑クリックすると拡大します。

 悪霊の正体
■著者 ハワード・O・ピットマン
■本体 1750円
悪霊の姿と形の詳しい描写!ロック音楽の『逆向きメッセージ』
悪霊が人間の体内に入る様子!異星人・前世からの生まれ変わり?
幽霊・心霊現象・多重人格の正体!聖徒だけが通れるトンル!

 霊の世界の諸活動をじかに目撃した証言記録。
 天国に向かう聖徒たちを目撃した証しも収録。
著者の目撃証言に基づき、クリスチャン女性によって描かれた5枚の悪霊のイラスト図、および、1枚の天国のハイウェイのイラスト図合計6枚)付。
悪魔による偽造物祈りの奥義サタンの策略
 悪霊からの解放とともに、の良書です!

著者について

ハワード・O・ピットマン:
ハワード・O・ピットマン

 1928年11月24日、アメリカ・ミシシッピ州にて八人の子どもたちの七番目の子どもとして生まれる。
 26年間にわたり、法の執行の分野での仕事に従事した後、警察での職務に関わり、地域選挙で保安官として立候補する。
 その選挙の直前、彼は死の体験をする。その体験について彼の著書「プラシーボ」が書かれ、それが本書の土台となっている。
 彼は二つの大学およびニューオーリンズ・バプテスト神学セミナリーに通い、さらに大学およびFBIで刑事司法の特別課程を履修する。
 彼はニューオーリンズ警察およびルイジアナ州警察等でも勤務し、「セキュリティ」分野でのビジネス経営にも参与した。
 1979年8月3日の死の体験、および1980年5月7日の「行って語りなさい」との召命を受けた後、彼はアメリカ合衆国全土およびメキシコに至るまで巡回して、この大いなる体験について語り、この世代の人々のために神が彼にお与えになったメッセージを伝えている。
 本書「悪霊の正体」には、現代における霊の世界の諸活動をじかに目撃した証言記録が収録されている。

目 次

第一章 神のクローンである人間
    聖書は人間について何と言っているか? 生ける神の形に造られた人間
第二章 敵であるサタン
    サタンとは何者か? どこから来たのか? 現在どこにいるのか?
    世界に対する彼の計画とは? 彼は現実にいるのか?
第三章 悪霊
    悪霊は現実にいるのか? 彼らは何者か? どこから来たのか?
    彼らの力の源は? 彼らの姿と形は? どのくらい大ぜいいるのか?
第四章 巨大な戦闘の悪霊
    古代ローマの兵士に似た悪霊・彼らの姿の詳しい描写
第五章 人間の姿の悪霊
    サタンの最強の悪霊のひとり・ビジネススーツを着た悪霊
第六章 超心理学と悪霊
    異星人・前世からの生まれ変わり・幽霊・ロック音楽の『逆向きメッセージ』・
    『ローリングストーンズ』『KISS』…の正体
第七章 不可思議の悪霊
    人に知られない悪霊・精神錯乱・多重人格・幻覚剤・子どもに働きかける悪霊
第八章 カエルの姿の悪霊
    男性の体内に入った巨大な緑色のカエル・悪霊が人間にとりつく様子
第九章 トンネル
    聖徒だけが通れるトンネル・天国への幹線道路
第十章 これは現実なのか?
    心霊遠隔操作・心霊現象・力のない「社会的福音」
第十一章 悪霊への対処
    悪霊を追い出す権威・悪霊から解放された証人たち
第十二章 重要ポイントの概観
    サタンの偽装・見分ける知恵・隠された「個性」・「意識の知性」と「無意識の知性」
第十三章 大切なこと
    聖書の真理のすべてを知ること・聖い生活の重要性

ロック音楽の『逆向きメッセージ』

この表示付であればインターネット上への転載・コピー・無料配布が自由にできます。 (詳細は→《 利用規約 》)
Copyright c. エターナル・ライフ・ミニストリーズ
http://www.eternal-lm.com
《天国と地獄の情報》 http://www.tengokujigoku.info

 人間の「無意識の知性」に影響を及ぼすために、ロック・グループの多くが彼らのレコードで逆向きメッセージを植え込んでいます。そういうメッセージは「意識の知性」には見分けられませんが、「無意識の知性」には理解され、記憶されることになります。これは、サタン的な叙情詩をレコードに逆向きに載せることによって行われています。通常の仕方でレコードを再生する時は、「意識の知性」はその逆方向のメッセージを察知しませんが、「無意識の知性」は確かにそれを察知するのです。
 音楽業界では、これは「サブリミナル(潜在意識の)メッセージ」と呼ばれており、「逆向きのマスキング(覆いを掛けること)」と言われています。このマスキングは、レコードを逆向きに再生する時だけ、「意識の知性」に明らかになります。レコードを通常の仕方で再生する時、もちろん、この逆向きメッセージは「意識の知性」には見分けられません。

レコードを逆向きに回すと…
 私が言っていることが真実であることを、みなさんも自分で証明することができます。
 サブリミナル・メッセージが付いているレコードを取って、レコード・プレーヤーをニュートラルのポジションにし、あなたの指でレコードを逆方向に回してください。すると、そのメッセージがはっきり聞こえてきます。
 驚くことに、こういうサタン的なサブリミナル・メッセージが、表面上は宗教音楽と見えるレコードにも植え込まれているのです。若者たちの知性に影響を及ぼそうとして、この方法を用いた最初のロック・グループの一つが、ビートルズでした。
 『グッドナイト・オーディオ』社の主任技師であるトム・ゴンドルフは、こう言いました。
ビートルズはいつも彼らのレコードに逆向きの声を載せていました」…
 『ブラック・オーク・アーカンサス』という別のグループは、『電気がアーカンサスにやって来た日』というタイトルの歌を持っています。
 その歌を逆向きに再生すると、それはこう言っています。
「サタン、サタン、サタン、彼は神である、彼は神である、彼は神である」
 このグループも、『レッド・ツェッペリン』、『フリートウッド・マック』、『ザ・イーグルズ』、『ローリングストーンズ』などの他の数々のグループと同じく、すべてオカルトのグループなのです。

若者を堕落させるロック・グループ
 これらのロック・グループは若者の知性を実際に堕落させようしているのです。これは、若者たちのモラルを破壊し、彼らを麻薬公然わいせつに導こうとするものなのです。
… 『レッドツェッペリン』は、『天国への階段』と呼ばれる歌を持っており、その歌を逆向きに再生すると、こう言っている部分があります。
「私は歌う、なぜなら、私はサタンといっしょに生きているからだ」
 その同じ歌の別の箇所を逆向きに再生すると、こう言っています。
「それから逃げることはできない、我が愛しのサタン。俺を悲しませる者は悲しくなる。その力はサタンだ」
 ふつうに再生すると、こう歌っています。
「生け垣の中にざわめきが起こっても、今は心配するな。それはただ、メイ・クイーン(五月の祭りで選ばれる女性)のための春の掃除さ。そうさ、おまえが行ける道は二つあるが、長い道のりに、まだ時間がある、その変化、おまえがいるその道」…
 『他のだれかが、ちりを噛む』というタイトルの『クイーン』の歌の終わり近くで、このタイトルが何度も何度も繰り返されます。レコードは正常に再生しているのにです。
 ところが、この歌を逆向きに再生すると、その同じ箇所に逆向きのメッセージがあり、こう言っています。「マリファナを吸う決心をしろ」 このメッセージが何度も何度も繰り返されているのです。…
 そういう若者が、ふつうに再生されるレコードに耳を傾けている間、サタンは、あるメッセージを、その同じレコードで逆向きにして隠したまま、彼らの「無意識の知性」の中に入れているのです。…
 この順方向のメッセージと逆方向のメッセージがいっしょにされる時、人は、選ぶべき道はサタンに至る道だと信じるように影響を受けるのです。…
(本書より抜粋)


人間の体内に入った悪霊!

この表示付であればインターネット上への転載・コピー・無料配布が自由にできます。 (詳細は→《 利用規約 》)
Copyright c. エターナル・ライフ・ミニストリーズ
http://www.eternal-lm.com
《天国と地獄の情報》 http://www.tengokujigoku.info

カエル
 …私たちがいたのは、患者のいる病室ではなく、従業員の休憩室と私には見える部屋でした。
 その部屋には、一人の若い男性と一人の若い女性がいました。
 私たちが次元の壁を通って入ったその部屋の中で、私たちはその二人から九十センチくらいの場所におり、手を伸ばせば彼らに触れられるくらい近いところにいました。
 私は彼らが言う一つ一つのことばを「聞く」ことも理解することもできました。しかし、彼らは、私や天使たちを見ることも聞くことも感じ取ることもできませんでした。
 そのカップルは、私たちがそこにいるとは全くわかってなく、完全に自分たちしかいないと思っているようでした。その二人の間に、あらゆる生き物の中で最も卑しい容貌の生き物が立っていました。二人はその生き物に全く気付いていませんでした。
 それは、大きくなりすぎた、緑色の、ぬいぐるみのカエルに似ていました。それは全く不格好でした。
 その男女は、おしゃべりをしたり笑ったりしており、ジョークを交わしたばかりのようでした。
 ところが、その悪霊が二人の間にいて、その男性の顔のほうへ、ゆっくり移動していました。
 ちょうど、猫が小鳥に忍び寄る時、猫がもくろみ通りの動きをするように、その悪霊の一つ一つの動きも、もくろみ通りでした。
 その男性はその悪霊を見ることができず、起ころうとしていることに気付いていませんでした。
 私はその男性のすぐ近くにいましたが、彼に警告することはできませんでした。なぜなら、彼には私の言うことが聞こえなかったからです。私は完全に霊の内にいたゆえに、彼とコミュニケーションをすることはできませんでした。
 その悪霊がその男性の顔に達した時、突然、…
(本書より抜粋)